信頼出来る医師がいるクリニックから選ぶことがポイント

サイトメニュー

注射で部分痩せが可能

エステティシャン

脂肪溶解注射でいらない脂肪を溶かす

ダイエットで落ちない脂肪が気にはなっているけれど、メスを使う脂肪吸引でまでは考えていないという場合、銀座の美容整形外科で「脂肪溶解注射」を検討してみてはいかがでしょう。脂肪溶解注射はメスを使わない、いわゆるプチ整形の1つで脂肪吸引のように体にメスを入れることなく、部分的に脂肪を落とすことができます。脂肪溶解注射は自然由来の成分、大豆レシチンより抽出したフォスファチジルコリンが主成分とした薬剤を、注射器で注入し脂肪を溶かし痩身効果を発揮するという施術です。フォスファチジルコリンは代謝機能をアップし脂肪細胞を分解することで、最終的には老廃物として対外へと排出し、施術を行った部位の脂肪細胞自体を減らします。注射だけで部分痩せできるということもあり、顔など傷跡が残ることを避けたい部分を医療痩身でどうにかしたいという人に、脂肪溶解注射は選ばれています。銀座の美容整形外科クリニックと聞くと、セレブの街ということもあり「料金が高いのでは」と、金銭面を心配してしまいがちです。脂肪溶解注射も美容整形に含まれるので健康保険は適用されないものの、大きな手術となる脂肪吸引と比較するとリーズナブルです。はじめて医療痩身を受けるという人もメスを使わず、金銭的な負担が抑えられる脂肪溶解注射なら挑戦しやすいこともあり、希望する患者さんは少なくありません。

脂肪溶解注射は顔や体にメスを入れることなく、部分的に脂肪を除去できる手軽さから銀座の美容整形外科クリニックでも、人気の高い医療痩身となっています。脂肪細胞自体の量を少なくする効果があるので、術後はリバウンドしにくい体質へと変化するのも、脂肪溶解注射の魅力です。ただ脂肪溶解注射は1回の施術で痩身効果を発揮するものではなく、十分な効果を得るためには何回か施術を繰り返し続ける必要があるようです。もし銀座の美容整形外科クリニックで脂肪溶解注射を受ける場合は、施術部位で異なる注入量や効果を実感できる施術の平均回数などをチェックしておくと良いでしょう。お尻は脂肪の量が特に多いということもあり注射の本数目安は約4本ですが、他の部位は2本から4本程度でも十分効果が期待できます。脂肪溶解注射の場合、だいたい手の平1枚分が注射1本でまかなえる範囲と言われているので、施術範囲が狭くなればなるほど注射をする回数も減ります。効果の現れ方には個人差はあるものの、体は2〜3週間の間隔で平均3〜5回の注射が目安となり、だいたい3回目の施術後あたりから細くなったと、実感する人が多いようです。このように施術を一定期間、繰り返し受ける必要はありますが銀座は交通アクセスの良い場所なので、無理なくクリニックに通うことができるでしょう。